YourDream(ユアドリーム)と株式会社アシストは詐欺?調査しました!

YourDream(ユアドリーム)と株式会社アシストは詐欺?調査しました!

優良案件 0 Comment

人気上昇中!YourDream(ユアドリーム)と株式会社アシストとは?

こんにちは!ノウハウコレクターあらしです。

世の中にはネットを使った副業ノウハウが蔓延っています。しかし、多くのものが誇大表現であったり、真っ赤なウソだったりしています。
当サイトはその中で本当に良いものがあるのか、それともやっぱりダメなものなのか、詳しくそして厳しく掘り下げていこうというサイトです。

今日取り上げるのはYourDream(ユアドリーム)という、株式会社アシストから最近新たに登場したネット副業ビジネスです。
ネット上の口コミサイトなどでは、まだそこまでトピックになっていませんが、今後少しずつ話題になっていくことが予想されます。

果たしてこのYourDream(ユアドリーム)と株式会社アシストとはいったいどういうものなのか、そしてその中身はちゃんと信頼できるものなのか、早速調査してみましょう。

YourDream(ユアドリーム)の収入額は?アシストは幾ら稼げることを想定しているのか?

このブログをご覧になっているということは、貴方は少なくとも何かしらの副業をやってみたいと考えている、もしくは既に何かしらの副業をしているのではないかと思います。
それに該当する方々に予め確認しておきますが、副業でいくら欲しいと考えていますか?

もちろんその金額が多ければ多いに決まっているかと思いますが、現実問題として本当に必要な金額はいくらでしょうか?それをイメージしながら読み進めてみてください。

YourDream(ユアドリーム)のネット広告でアシストは想定される月間の収入額が200万円と大々的に宣伝していますが、よく見ると月収1万円~200万円となっています。
その差額の大きさにも驚くところですが、普通に考えて同等の仕事量でそんなに収入額に差がつくとは考えられません。つまり、その差を分けるものは仕事量のボリュームであることは明らかです。

200万円稼ぐためのモデルケースが公開されていればよかったのですがそういうものもないので、これは成功者の中でも一握りのケースと考えてよいでしょう。
月間200万円ということは、一日に6万円強を稼いでいる計算になります。24時間しかないのに6万円強と考えると、一時間にざっくり2500円くらいの計算になります。

もちろん24時間ずっとは無理なので、最低でも15時間くらいはベッタリと仕事に張り付かないと無理な数字じゃないでしょうか?
その半分の仕事量でも100万円が望めると考えるのであれば(そしてそれが本当に可能なのであれば)十分に優良すぎるビジネスであると思いますが、さすがに200万という数字はちょっと欲張りすぎな気がします。

月間に200万円とかの金額がリアルに欲しい方であっても、仮に一日15時間労働を毎日継続することなど可能でしょうか?
それができるのであれば止めはしませんが、もっと楽してそれだけの額を手にしたいという方はYourDream(ユアドリーム)はやる意味がないと思うので、このブログもここで読むのを止めてしまっても構いません。

それだけの金額を稼ぎたいのであれば、FXなどのようなハイリターンのものをリスク覚悟でやったほうがいいかもしれません。
YourDream(ユアドリーム)でアシストが目指しているビジネスはハイリスクハイリターンではなく、月間で10万円程度とか、多くても20万円~30万円くらいを想定しておいた方がいいでしょう。

ただ、もちろんその仕事量によって金額は変動すると思われるのであくまでも参考ということで。

さらに、YourDream(ユアドリーム)は知識や経験は不問となっています。アシストが開発したビジネスノウハウはネットやパソコン初心者でも大丈夫ということです。
そんな人がネットビジネスで200万円という数字を目指せるとはさすがに思えません。

そういう人を対象とした金額設定ではないのかもしれませんが、この月収200万円というのは話半分、いやむしろあまり当てにしないほうがいいでしょう。
こういう表現は嘘じゃないのか、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、最近ではその表現方法も明らかな嘘はクレームの原因となるので使われなくなっています。

やり方次第ではこの金額も目指せますよ、という表現と考えられ、平均するとやはりそれなりの金額に落ち着くものと思われます。
仮に1日に2時間YourDream(ユアドリーム)をやってみたとしたら、時給換算が本当に2500円くらいの計算として1日5000円、月間で15万円くらいになります。

これなら夢のある数字に思えてきますが、あくまで2500円というのは仮の数字、200万円という数字を基にした数字です。
月収1万円からとあるので、全ての人がその金額で換算できるわけではないと思います。月収1万円の人は、週に1~2回、日に1時間とかそういうレベルで仕事している人ではないでしょうか。

この辺の数字のマジックはどのネットビジネスにおいても見誤るといろいろと面倒なことになってしまいます。
単純な数字の大小で判断せず、自分が仕事できる時間をしっかり計算した上で、だいたいどれくらいの収入になりそうなのかは最低限シミュレーションを立てておきましょう。

YourDream(ユアドリーム)の仕事内容。アシストが開発したノウハウとは?

続いてはYourDream(ユアドリーム)の具体的な内容について。アシストが開発したノウハウを調査です。
ただ、大概こういうネットビジネスは詳しいことは隠したり出し惜しみしたりしているのが普通です。それも当然で、ここで全てを出してしまったらビジネスとして成り立つわけがないからです。

やはりというか何というか、YourDream(ユアドリーム)の株式会社アシストも例外ではなく、その詳細は何も出していませんでした。
元々そこは期待していなかったのですが、ネット広告にはその一部が垣間見えそうな表現もありましたのでそこを掘り下げてみます。

まず気になる表現として否が応でも目につくのは「自動補助ツール」という文言です。このツールとやらを使用することで何かしらの作業の効率を向上させようというものだと思われます。
つまり、普通にやると何かしら面倒な作業が発生するものを、このツールを使用することで多少なりとも効率化され、その結果収入に繋がるというものでしょうか。

この自動補助ツールが勝手に何かの作業やらを自動的に回してしまうものなのかとも考えましたが、もしツールが年中無休で24時間稼働するようなものなら、それで月収が1万円から200万円といった金額の差が生まれることの説明ができません。つまりこのツールというのは勝手に仕事をしてくれるものではなく、あくまでも作業する人の効率を上げるための補助器具である、と考えたほうがよさそうです。

他にも、「作業代行サービス」という文言が目を惹きます。スマホやパソコンが苦手な方の為に一部の作業を代行する、という内容のものです。
もちろん何かしらのガイドブックのようなものはあると思いますが、それでもついてこれない人のために手を差し伸べる、というものだと思われます。

どこまでサービスしてくれるのかは分かりませんが、電話か何かで一度そのツールの使い方などを教えて、軌道に乗せるためのサポートをするということなのでしょうか。
サービスの性質上あまり濫用することもできないでしょうから、一度教えてもらったことはメモに書き留めておくなりしたほうがよさそうです。

そして、このタイプの広告にありがちな「他と比較してウチはこうなんですよ」という文言の中に、「他のノウハウでは集客ができない」といった表現がありました。
ここでこの「集客」という言葉が突然登場したことにちょっと驚いてしまいます。これはウチのノウハウなら集客も苦労しませんよ、といっているようにも聞こえますね。

つまり、このYourDream(ユアドリーム)では何かしら集客をして、そのお客に向けて何かを販売したり紹介したりするタイプのビジネスなのかなとも思えてきます。
勝手な想像であることは百も承知ですが、そうとでも考えないとこの表現がスッキリしないのです。

さらに想像を膨らませると、先ほどの自動補助ツールとはその集客の手助けをするものなのか?とも考えられます。ただしあくまで勝手な想像なので、本当のところは分かりません。

また、ここで「○○するだけ、もしくは何もしなくてもお金がもらえるというのはあり得ない」とも断言しています。
○○するだけで月収何百万円!というネット広告をこれまで何回と見てきたことでしょうか、そしてそれらのビジネスで残っているものが果たしてどれだけあるのでしょうか。

そんなことはあり得ない、というのは私も全く同感ですが、逆に考えればYourDream(ユアドリーム)はそれなりの仕事量があるということを示唆しているように思えます。
そういえば、その手のビジネスにありがちな「1日○○分だけでOK」といった表現はネット広告にはありません。

ある意味親切というか、ある意味正直というかといった感じですが、やはりその仕事量と収入額はある程度比例しているのではないかという推測がなされてきます。
時給計算するようなタイプの仕事ではないと思いますが、それなりの稼ぎが欲しいのであればそれなりにガッチリと働くことが求められる、と考えたほうがよさそうです。

YourDream(ユアドリーム)はアシストのビジネスノウハウが詰まったネット副業!始めるにはどうしたらいいの?

これまで、YourDream(ユアドリーム)は楽して稼ぐタイプのビジネスではなく、稼ぎたいならそれなりにしっかりとした仕事が求められるタイプであろうという話をしてきました。
それは世の中のほとんどの仕事がそうなので、もしそうだとしても何の驚きもありません。むしろ他の副業ビジネスが簡単に稼げることを前面に出し過ぎて、本質を見えにくくしているようにも感じます。

ではこのYourDream(ユアドリーム)。アシストが長年研究したこのビジネスモデルは、どのような形で取り組めばいいのでしょうか。先ほども言ったように、ネット広告上には「1日○○分でOK」といった表現がありません。
それでも、いろいろ調べてみたところ他のネット記事に体験談と思われるものがあったのでそれを参考にしてみます。

その方は週に4~5日程度、1日1~2時間程度やっているそうです。おそらく平日の仕事がある日の空き時間を使っているのだと思われます。
だいたい週に7時間くらいになるのでしょうか、それで月の稼ぎが8万円程度だそうです。時給換算の2500円という数字が崩れてしまいましたが、きっと同じ時間でもその仕事の中身が違うのでしょう。

換算はこちらが勝手に算出したものなので、その差はあまり気にしなくていいと思いますし、むしろそれよりも上回るケースがあるなら働き口を探す方々にとっては良い話です。
私が把握している限り、他の仕事ではデータ入力が1文字あたり0.3円程度で、その場合10,000文字で3,000円になります。

この10,000文字というボリュームをどう見るかは人それぞれですが、そんなに簡単・単純なものではないです。少なくとも、1~2時間でできるようなものではありません。
他にもこのような単純作業が求められる仕事では、その単価は非常に低く設定されており、誰でもできる反面多くの収入を求めるのは厳しいです。

YourDream(ユアドリーム)もアシストが公開している情報から推測するとおそらくある程度の単純作業が必要になると考えていますが、同じ単純作業をやるのであればYourDream(ユアドリーム)の方が遥かに割りはいいはずです。
データ入力では200万円どころか20万円を目指すのもかなり困難です。週7時間くらいかけたとして、2万円もいけば十分なほうだと思います。その効率の具合は比べるまでもありません。

金額の方に話が逸れましたが、先ほどの方のケースでは週に4~5日程度、1日1~2時間程度で月額8万円程度ということでした。これがひとつのモデルになると思います。
この仕事量でこの金額なら十分だ、と思えるのであれば同じ働き方で同じだけの成果は期待していいと思います。まだ足りない、もっと稼ぎたいという場合は、その作業時間を増やす他はなさそうです。

そしてその人はタブレットで作業していたそうです。もちろん自宅でやっていた可能性もありますが、タブレットでできるということは、必ずしも自宅じゃなくてもいいということになります。
ノマドワーカーみたいに外出先やカフェ、喫茶店のようなところで仕事することもできるはずです。

その働き方もある程度自由が与えられているので、それこそ自分自身でどれだけ働くのか、どの時間帯に働くのかを選ぶことができます。
確かにこういうことであれば、1日○○分と表現する必要はなさそうです。その仕事量を増やすことで、手にできる金額ももっと上を目指せるでしょう。

働き方改革ではありませんが、生活への組み込み方を工夫すれば、本業と掛け合いながら両立できるでしょうし、いずれはYourDream(ユアドリーム)というアシストのノウハウが詰まったネットビジネスを本業にしてしまう人もでてきてしまうのかもしれません。

このYourDream(ユアドリーム)を始めるには、検索して出てくるネット広告上から申し込みを行うことができます。
画面では「購入する」と表示されていますが、実際はそこですぐ購入とはならず、その後別途契約を結ぶ必要がありそうです。

ネット上で簡単にダウンロードなどできようものなら、そのツールやらガイドブックやら肝となるものが簡単に流出してしまう恐れがあるからです。
相手の顔が見えずに契約するよりも、どんなスタッフがいるのか、どんな会社が運営しているのかが分かったほうがどんな仕事をするにも安心できますよね。

手間と感じるかもしれませんが、私はこのほうが良いのではないかと思います。

ちなみに値段が隠されているという事ではありません。ユアドリームの価格は普通に公開されており税込15,000円です。

結局YourDream(ユアドリーム)とアシストは信頼できるの?変な仕事じゃないの?

インターネットビジネスはほとんどのものが蓋を開けてみないと分からないといった性質があります。
データ入力であっても、その入力する内容がアダルトの内容のものであったり、若干グレーな内容であったりすることも珍しくないからです。

そういう意味ではYourDream(ユアドリーム)も実際に現物に触れてみないと分からない点が多いです。ただ、これまでにたくさん出会ったウソ千万のビジネス紛いのものとはその空気感が違って見えることも確かです。
全幅の信頼を置くには早すぎるし情報もまだまだ足りていないですが、「聞いている話と全然違う」「騙された」といった結果にはならないのではないかと思います。

間違いなさそうなのは、YourDream(ユアドリーム)でアシストが目指しているのは一攫千金を狙ってリスクの高いことをさせるようなものではなく、ある作業をこつこつと継続して続けていくタイプの仕事のようであるということです。
その場合普段の積み重ねが収入に反映されるので、それにやりがいを見出せる人なら向いている仕事だと思いますし、検討する価値があるでしょう。

新しい情報が入り次第、文章を修正するか追記して更新していく予定です。

YourDream(ユアドリーム)は返金できない?

※09/21追記

情報商材にありがちなのですが、ユアドリームがあまり自分に合わず、返金したい場合は返金できるのか?というのはユアドリームを始める前から予め知りたい情報なのではないでしょうか?

大事な内容だったのですが、あろうことかこのノウハウコレクターあらし、すっかり忘れておりました。

実際、返金つまりクーリングオフ出来るのか?という議題についてですが、残念ながら返金することはできません。

クーリングオフに関する正しい知識を持っている方ならご存知かもしれませんが、クーリングオフ制度は何でもかんでも返金できる無敵の制度ではないんです。

そもそもクーリングオフ制度というのは、業者に強引に契約させられた等の、不意打ち性のある販売方法から消費者を守るために定められた制度で、自ら望んで契約した場合などには適応されません。

一方的に契約を結ばされてしまった消費者が、頭を冷やし冷静に考える期間を与える為の制度なんです。その契約が不当だった場合、一定期間内であれば契約を一方的に解除できます。

YourDream(ユアドリーム)は希望者が自ら契約を結ぶ形式の販売方法を取っているのでクーリングオフの対象にはならないというわけです。

返金できない事を踏まえたうえで、15,000円を払う価値があるかどうか見極めなければなりません。

コメントする

ページトップへ戻る

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。